!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2016年11月12日土曜日

群馬県_高崎市_山名原口2号古墳(Ver1.0)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。




※群馬の古墳が続きます。屋根つきの建物で保護されている山名原口2号墳。3Dモデルのプレビューからは、近くから撮影したように見えますが実は全方向から対象物は2mくらい離れています。
全方向から”丼”のような写真撮影&少し高いところから見下ろす形で撮影。さらに撮れてなさそうなところを追加撮影。3Dモデルを見て頂くとどこが3D化できていないのかが分かります。

模様積みとされている石室ですが、藤岡市の伊勢塚古墳やその近辺のものと比べると丸い石と棒状石の割合がずいぶん丸石側に倒れている印象。床面プランも近傍のものに近い気がします。(3D化したものだと上庄司原2号墳 伊勢塚古墳が特殊?)

0 件のコメント:

コメントを投稿