!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2016年4月24日日曜日

イギリス_オークニー諸島_Cuween Hill Chambered Tomb

Sketchfabのフォロワーさんが美しい古墳を投稿されていたので、思わず展開。





初見でイギリスにも山寄せっぽい古墳あるんだーと調べててみて年代が格段に古い!!
紀元前3000年というピラミッドより古いイギリスのお墓です。。。

一部を切り出してみると岩橋千塚古墳の玄室にも見えますが、床面プランは特徴的。
主室から副室が4つ張り出し、奥側の副室にはさらに副副室?が付くという日本では聞いたことの無いような構造です。これは3Dという表現が一番わかりやすいと思います。

ソフトウェアは先日の殿山横穴墓3号墓?と同じAgisoft。
Canon 70dで撮影した1200枚の画像から構築できたようですが、これほどのものが出来るとなると遺跡調査記録の主流として定着していくかもしれませんね。
(それなりに知っている人+Canon70d+画像処理ソフト vs 測量技術のある人+レーザー3Dスキャナ+点群処理ソフト  カメラのほうが安価だなぁ)





埋葬主体が残る古墳もここまですると”KOFUN”を説明しやすいと思います。
墳丘もなんとか測量して3D化したくなってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿