!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2015年6月30日火曜日

FLIR ONE for iOS 届く。さて何に使おう?

古墳関連に使えるかどうか不明ながらも、新製品のメールに惹かれ先週末に購入。アメリカからあっという間に届いた、"FLIR ONE for iOS"。
iOS端末(iPhoneとかiPadとかiPodTouch)とかで使えるサーモグラフィなのですが、これがなかなか面白そうです。

iPadにアプリをダウンロードして、スマートフォンの背面を撮ってみたの図。
上のほうにCPUとかあるのかな。
映像としてのカメラとサーモグラフィの結果を重畳して表示できるのが売り。
部屋の中をこれを使って見ると以外な発熱機器を見つけることが出来ます。

もちろん闇夜での動物や人も見つけられますが、スマホやタブレットの画面もなかなか明るいのでそういうのには向かないかも。


古墳やその他の文化財への活用としては、異常高温によりダメージ受けてる野外放置の石仏とか古墳の装飾面の温度記録とかでしょうかね。次回の古墳見学で石室で何か見えるか試して見ようと思います。利用シーン見つかったらちゃんと記録用ガジェットとして公開ということで。









0 件のコメント:

コメントを投稿